高級ビジネスバックに使用する皮革講座21

最高級ビジネスバッグ通販|日本の熟練職人が縫製する極上の革鞄

高級ビジネスバックに使用する皮革講座21

読了までの目安時間:約 2分

 

今回はなめしについて詳しくご紹介してまいります。革の仕入れ後に水洗い、石灰漬け、脱毛処理、石灰を取り除き、なめしに入ります。

なめしといいますのは、皮から革へ変化していくとても重要な工程となります。皮はなめしを行う前で革はなめし後のことをいいます。

なめしを行うことで、腐敗などの劣化を防ぎ、強度としなやかさを持つ、大変優れた素材となっていきます。

なめしは「タンニンなめし」と「クロムなめし」という2つの製法に分かれています。

「タンニンなめし」は、完成までに5か月という期間を要する、とても手間のかかる製法です。ヌメ革などが代表的な皮革です。廃業後も土にかえすことができますので、環境にも優しい素材です。植物のシブを使用したなめし方です。

「クロムなめし」は、1~5日で完成します。なめされた皮革はなめらかで美しいです。また、優れた耐久性、弾力性、染色性を持った革となります。塩基性硫酸クロムを使用する製法です。


最高級ビジネスバッグはコチラ>>

 

最高級ビジネスバッグ

この記事に関連する記事一覧