高級ビジネスバックに使用する皮革講座19

最高級ビジネスバッグ通販|日本の熟練職人が縫製する極上の革鞄

高級ビジネスバックに使用する皮革講座19

読了までの目安時間:約 1分

 

ヨーロッパの牛の飼育は、上質な原革を作り出すために、工夫などを凝らしています。広大な敷地の中で、ストレスなく丁寧に育てられています。そして牛の部位によってなめし方を変えるなど、こだわりも持っています。今回は、ドイツとフランスの革のすごさをご紹介していきます。

まずドイツですが、クロムなめしと呼ばれる、なめしの際に薬品を使用し、軽量で、柔らかい素材、伸縮性のある皮革を作り上げる製法を持った初めての国です。ボックスカーフでも有名です。しかし、廃棄が問題となっています。クロムなめしは廃棄の時に有害な物質を発生させてしまいます。環境基準を満たせずに悩んでいる業者も多いです。

次にフランスですが、染料後顔料を塗るなど、独自のバランスがセンスよく、素晴らしいです。革も上品で高級感があります。世界的にも有名なブランドがたくさん集まっていますので、それに伴った革の傾向があるようです。


最高級ビジネスバッグはコチラ>>

 

最高級ビジネスバッグ

この記事に関連する記事一覧